守住貫魚 旭日出海之画 最晩年85歳画 守住周魚箱書 絹本縦幅

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥88,000 税込

商品コード: s-1736
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 守住 貫魚
(もりずみ つらな、文化6年(1809年) - 明治25年(1892年))
幕末から明治初期の日本画家。姓は清原のち守住、名は徳次郎、字は士済、幼名伸美(のぶよし)、初号輝美(てるよし)、ついで定輝、そして貫魚と改める。号は是姓斎、回春斎、寄生軒など。子に守住勇魚、守住周魚がいる。
初め藩の絵師住吉派の渡辺広輝に学び,次いで江戸に出,幕府の御用絵師住吉広定の門に入る。
天保9(1838)年藩の絵師として登用され,王朝文化に取材した作品を描いた。大坂に移住。
明治17(1884)年第2回内国絵画共進会で金賞受賞,同23年第3回内国勧業博覧会に「舟上山図」「宇治川の先陣図」を出品,金牌を受け,同年帝室技芸員に任命され,日本画壇の重鎮となった。
寸法 本紙:横49cm 縦70.5cm
総丈:横62cm 縦171cm
付属品 守住周魚箱書
守住周魚(1859-1925)
安政6年生まれ。守住貫魚の六女。若くして父とともに大阪に出て、高麗町二丁目に住んでいた。明治中期から大正期の閨秀画人として著名だった。大正14年、67歳で死去した。
商品説明 朱の色が鮮やかな旭日出海之画です。
守住貫魚亡くなった年に描かれた作品で落款は「行年八五守住貫魚」です。
箱書きは子女の守住周魚です。
表具は一文字、花文金襴 中回し、流水文緞子 軸先、象牙の良い表具で良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ