小堀宗慶好 家紋蒔絵 朱棗 鶴寿 宗慶箱書 坂一哉(作)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥158,000 税込

商品コード: c-3650
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 坂一哉
昭和12年石川県輪島市に生まれる。
二紀会同人坂下清康氏に絵を学ぶ。能州美術展、北陸美術展で多数入選。
蒔絵師竹園自耕氏に師事。
現代美術展、日本伝統工芸展、石川伝統工芸展等、多数入選。
昭和57年遠州茶道教授、宗心を授与される。日本伝統漆芸展多数入選。遠州茶道宗家職分、向栄会会員になる。
昭和60年紅心宗慶宗匠より一哉の号を賜る。
昭和62年車道遠州会全国大会に於いて家元より表彰される。
石川県立和島実業高等学校講師。日本工芸会正会員。向栄会会員。輪島工芸会会長。
寸法 径:7.3cm 高さ:7.3cm
付属品 小堀宗慶箱書 紅白仕服 紙箱
商品説明 小堀宗慶宗匠が壬申平成4年70の古稀に好まれた朱棗です。
上品な遠州好みの朱金地に甲には星七宝に花菱と鶴丸、胴にも星七宝に花菱の陰陽紋、底には丸に万字紋が古稀に因んで7カ所にあしらわれた大変格調高いお棗です。
内側は見事な真塗地で蓋裏に「古稀、花押」が金文字で描かれております。
仕服は紅白の羽二重です。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ