沈金 「春の日」 中棗 人間国宝 前 史雄(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥488,000 税込

商品コード: c-3666
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 前 史雄
(まえ ふみお、1940年(昭和15年) - )
漆芸家。石川県輪島市出身。沈金の重要無形文化財保持者(人間国宝)。
独自に沈金刀を研究し、多様な彫刻技法で知られる。石川県立輪島漆芸技術研修所所長。
寸法 径:7.3cm 高さ:7.3cm
付属品 共箱 共布 しおり
商品説明 人間国宝 前 史雄作の名作、沈金 「春の日」 中棗です。
甲に雛が二羽沈金で描かれております。微細な線と点の彫で羽毛の質感を見事に表現しております。
周りは葉の形を変えた葉文が巡らされております。
底には史雄刻と銘が入っております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ