安南絞手茶碗 15~16世紀 島津法樹鑑定箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥188,000 税込

商品コード: c-3682
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
時代 ベトナム 15~16世紀
寸法 径:11.7cm 高さ:7.5cm
付属品 仕服 島津法樹鑑定箱
商品説明 安南絞手茶碗15~16世紀頃の小振りの作品です。
安南焼とは安南(ベトナム)から渡来した焼物の称であり日本とベトナムは室町時代後期から江戸時代初期にかけて相当な交易があったと記されています。
口は端反りで見込みには重ね焼きのための釉薬がかかっていない部分があり外側には花唐草文様が腰の部分には五枚の蓮弁文が描かれ高台は高く、内側には鉄泥が施されております。
口にホツの修理跡が7か所、口に2cmのニュウ、高台下部に釉薬の小さな剥落がございますがこれからも長くご使用できる茶碗です。

すべての商品はこちら

ページトップへ