丹波飴釉肩衝茶入 市野豊治(作) 共箱 象牙蓋 仕服

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥28,000 税込

商品コード: c-3674
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 市野豊治
1947年 市野丹窓次男として丹波立杭に生まれる 
1968年 陶芸の道に入り代々の登窯を受け継ぐ
1978年 独自の工房窯を築き椒山窯と称す
1982年 東京新宿柿傳ギャラリーにて個展、以後毎年開催
1992年 大阪三越にて茶陶展、以後毎年開催
1993年 新宿京王にて茶陶展、以後毎年開催
1998年 横浜三越にて茶陶展開催
作陶30周年を迎え、作品集「作陶三十年のあゆみ」を出版
2000年 丹波古陶調査を始める
2002年 「陶片から見た古丹波の茶陶」を月刊「遠州」に連載
2003年 紅心宗匠の絵付けとご指導により、甲申歳好丹波茶碗を製作
寸法 口径:2.8cm 胴径:4.8cm 高さ:12.3cm
付属品 共箱 象牙蓋 仕服(青海波に梅鉢緞子) しおり
商品説明 市野豊治作の細くて長い丹波飴釉肩衝茶入です。
鉄分の多い土に二重掛けした釉薬が見事です。
畳付上に「豊治」と描き銘が入っております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ