数茶碗 10客 膳所焼 安南写 七賢人絵 陽炎園造 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥88,000 税込

商品コード: c-3683
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 膳所焼 岩崎新定
淡海ぜぜ 陽炎園
1913年滋賀県で生まれ。遠州七窯の膳所(ぜぜ)焼を再興させた陶芸家・岩崎健三の長男。
京都高等工芸学校陶磁器科を卒業
1985年滋賀県文化賞を受賞
滋賀県伝統的工芸品に指定
1987年膳所焼美術館を設立
1991年通産省より伝統産業功労者表彰
2009年逝去
寸法 径:12cm 高さ:8cm
付属品 共箱
商品説明 安南(ベトナム)の茶碗を元にデザインされた数茶碗です。
側面の絵は「竹林の七賢人」中国,三国魏(220年―265年)の末期,河南省北東部一帯の竹林で,しばしば集まって,清談(せいだん)を行った7人の賢人の事で竹が配され人物が活き活きと描かれております。
内側の口の部分には呉須で丸紋が1周描かれ見込みには重ね焼きした時の釉が掛かっていない部分があり、見込みには「禄」の字が描かれております。
高台内は約束通り鉄薬で彩られ「ぜぜ」の印が捺されております。
ほとんど使用してなく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ