志戸呂茶碗 本多利陶(作) 小堀宗慶箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥88,000 税込

商品コード: c-3693
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 本多利陶
昭和4年 茶道・遠州流小堀宗明の三男として生まれる。
昭和43年 兄の開窯に伴い、陶芸を始める。
平成3年 静岡県金谷町に遠州志戸呂焼登り窯開窯。
平成8年 死去
日本伝統工芸展他入賞多数。小堀遠州公の意図された茶陶を中心とした作品づくりが主で、特に茶の湯道具で肝心な「用と美」を兼ね備えた逸品制作に力を注いだ。
寸法 径:12.5cm 高さ:8cm
付属品 小堀宗慶箱書 
(遠州流宗家 十二代家元 大正12年(1923)ー平成23年)
商品説明 遠州七窯の志戸呂焼の茶碗です。
薄作で轆轤目を見せ掛分けの釉薬が掛かっております。
高台脇に「志戸呂 利陶」とサインが描かれております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。
箱は上等な遠州箱に納められております。

志戸呂焼(しとろやき)は、静岡県島田市金谷(旧金谷町)で焼かれる陶器。
歴史は古く室町時代に遡り、美濃の陶工が焼き始めたのが最初とされ、一帯は古くから良質の陶土産地として知られていた。そのため、江戸初期には瀬戸の絵師が最適な陶土を探究する際、この志戸呂に目を付けたという。天正16年には徳川家康から朱印状が授けられ、特産品として奨励されるなど、着実に成長していった。
中でも志戸呂焼の名が世に轟くようになったのは、時の茶人、小堀政一(遠州)が目を付け、遠州七窯の一つに数えられるようになってからである。現在も茶壺が中心で、赤みがかった器に黄色釉と黒釉を掛け、独特の侘びた味わいがある。また、非常に堅牢で湿気を寄せ付けないのも、茶器に好まれる理由である。名器と呼ばれる壺の裏には「祖母懐」や「姥懐」の刻銘がある。

すべての商品はこちら

ページトップへ