曲中次 秋草蒔絵入 塗師 渡辺喜三郎 蒔絵 田所芳哉 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥338,000 税込

商品コード: c-3705
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 塗師 渡辺喜三郎
東都を代表する近代の塗師
益田鈍翁をはじめとする数寄者の好み物を数多く制作した、七代まで有り(一説には四代)

蒔絵 田所芳哉
(大正元年東京生ー平成5年八十一歳没)
名塗師・渡辺喜三郎に師事、日本工芸会会長賞受賞などの略歴を誇る昭和に活躍した漆匠

昭和2年  五代 渡辺喜三郎に師事
昭和18年 五代 渡辺喜三郎永眠 十六年間 江戸塗りを学ぶ
昭和32年 第四回 日本伝統工芸展 三彩茶入 奨励賞
昭和39年 第四回 伝統工芸新作展 彩漆夫婦椀 奨励賞
昭和41年 第十三回 日本伝統工芸展 乾漆六稜鉢 会長賞
昭和46年 第十一回 伝統工芸新作展 乾漆彩漆盆 奨励賞
昭和51年 紫綬褒章受賞
昭和57年 勲四等受賞
寸法 径:6.3cm 高さ:7.3cm
付属品 共箱 仕服(藤種緞子)
商品説明 手の込んだ極薄の曲げで製作しております。
曲げの綴じ目は極細で桜の樺で綴じております。
外側は素朴な拭き漆木地仕上げで内側は見事に塗られた真塗仕上げで蓋がすーと落ちていきます。
内側の立ち上がりには最高難度の研ぎ出しで秋草(女郎花・桔梗・萩・蔦・菊)が切金、梨地、金地で見事に蒔絵されております。
蓋表に「曲中次 塗師 喜三郎」蓋裏に芳哉の印が捺されております。
良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ