高取茶入 十一代 高取静山(作) 共箱 遠州七窯

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥38,000 税込

商品コード: c-3725
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十一代 高取静山
遠州七窯の一つ高取焼の伝統を守り父10代富基の後
昭和23年再興し11代継承
河村蜻山に師事
1907年 福岡県に生まれる
1957年 髙取焼鼓窯再興
1961年 東京日本橋三越本店にて初個展。髙取焼宗家 十一代静山を名乗る
1967年 初代八山と妻 志らとの墓を白旗山窯より鼓窯へ移す
1973年 ソウル新世界百貨店において親子展開催
1976年 韓国に初代八山の生地を訪ねる
1977年 「炎は海を越えて」を執筆し、韓国をはじめ海外より弟子を迎え作陶技術を伝える
1983年 没
寸法 口径:2.8cm 胴径:6.7cm 高さ:5.2cm
付属品 共箱 象牙蓋 仕服(利休梅緞子)
商品説明 幾分小振りで薄作の高取の茶入です。
二重掛の灰釉薬が幻想的で美しいですね。
畳付脇に「静山」の印が捺されております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ