金襴手 祥瑞酒盃 煎茶碗 須田菁華(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥128,000 税込

商品コード: c-3759
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 三代 須田菁華
九谷の名工
大正5年(1916)~昭和56年(1981)
初代・須田菁華が、石川県・山代の地を訪れた北大路魯山人に初めて作陶を手ほどきしたことでも知られる名窯・須田菁華窯。 菁華は、大らかな気風の絵付けが持ち味で、染付、祥瑞、古九谷、古赤絵など幅広く手がけた器は、銘々皿に向付、鉢、手鉢、平皿、徳利、蓋物、醤油差しに散蓮華と類まれな多様さです。
寸法 径:6cm 高さ:4cm
付属品 共箱
商品説明 見事な金襴手の盃です。
外側は三か所に繊細な染付で窓絵を描き周りに雲鶴を金で描いております。
内側の底も染付で窓絵が描かれております。
高台には「九谷菁華」と染付で描かれております。
盃にも煎茶碗としてもご使用できます。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ