松永耳庵 書軸 「如月の空」 88歳書 金銀下絵入り

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥278,000 税込

商品コード: c-3756
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 松永耳庵(安左エ門)
(まつなが やすざえもん、1875年(明治8年)-1971年(昭和46年))
実業家。長崎県生。名は安左衛門、耳庵は号。
東邦電力会社会長として活躍、「電力の鬼」といわれ東都財界に君臨した。茶道に精通し古美術の蒐集でも知られる。鈍翁・幻庵と小田原三茶人の一人。
昭和46年(1971)歿、95才。
寸法 本紙:横30cm 縦34cm
総丈:横42.5cm 縦129cm
付属品 桐箱
商品説明 二月(如月)の風情を見事に詠んだ松永耳庵の歌です。
下半分に金砂子を蒔き上部には銀泥で桜の花が捺されている美しい料紙に
「花見れば雪に鎖され雪見れば月に清まる如月の空 壬年(昭和37年)二月 耳庵 八十八」
漢詩は「雪裡梅華月裏開 寒遅一夜絶鉄頃」

表具は一文字、花唐草金襴 中回し、花文緞子 上下、シナパー 軸先象牙の上等な表具で良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ