天草神来 「雷鳴」 大正5年作 双幅 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥98,000 税込

商品コード: s-1752
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 天草神来(1872~1917)熊本の人
東京美術学校日本画科卒
朝鮮李王家の壁画制作に携わる

1902年 朝鮮に渡り個人の画室を開く
1915年まで滞在
明治27年 一月、春草は、校友会大会出品作で
賞牌を同期生天草神来も、一等褒状を得る
春草の親友
寸法 本紙、絹本:横41cm 縦113cm
総丈:横55cm 縦205cm
付属品 共箱
商品説明 朝鮮から戻り亡くなる前年に描いた最晩年の作品です。
左幅には絹本に湧き立つ雲と見事な雷神が描かれ右幅には門の下で耳を押さえている人物と走っている人物が軽妙に描かれております。
表具は一文字、唐草金襴 中回し、流水金襴 軸先、象牙の上等な表具で良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ