大徳寺十一代管長 小田雪窓 一行書「無風竹有聲」

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥98,000 税込

商品コード: s-1744
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 小田雪窓
(1901〜1966)。
大徳寺五百六世。五百三世後藤瑞巌の法を嗣ぐ、昭和30年大徳寺十一代管長
昭和41年(1966)寂、65才。
寸法 本紙:横25.3cm 縦95.3cm
総丈:横27.8cm 縦167cm
付属品 共箱
商品説明 「無風竹有聲」。かぜなくたけにこえあり
元は庭前有月松無影,欄外無風竹有聲。庭前に月の有りて松の影の無く,
欄外に風の無くて竹の聲の有り。
禅語の一種で,月が出ているのに松の形が見えず,風が吹いていないのに竹の葉が触れ合う音が聞こえる,という意で季節を問わずご使用できます。
表具は一文字、竹屋町裂 中回し、駒繋ぎ緞子 上下、しけの良い表具でわずかに巻きしわはございますがシミはなく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ