古九谷意 色絵福寿茶器 茶入 二代 松本佐吉(作) 共箱 巣入り象牙蓋 仕服付

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥58,000 税込

商品コード: c-3793
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 二代 松本佐吉
明治38~昭和63(1905~1988)

能美郡寺井町に生まれる。旧姓岩田、本名吉二。
上絵師梅田梅光に庄三風を、初代佐吉から古九谷・吉田屋風を学び、その養子となり、松雲堂4代を継ぐ。板谷波山に師事し、陶彫や象嵌など陶技の幅を広げ、昭和13年新文展初入選、戦後は日展、31年から日本伝統工芸展に出品。51年石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会会員。
寸法 口径:4cm 胴径:5.5cm
高さ:7.2cm(上蓋つまみ含む)
付属品 共箱 巣入り象牙蓋 仕服(間道)
商品説明 色絵で四分割された中に古九谷風に美しい花鳥画が描かれております。
その周りを福寿の文字を配しております。
高台内に「佐吉」の印が捺されております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ