川合玉堂画 「山女魚」 昭和28年頃

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥1,250,000 税込

商品コード: s-1134
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 川合玉堂(かわい ぎょくどう、本名:川合 芳三郎(かわい よしさぶろう)、1873年(明治6年)- 1957年(昭和32年)) 橋本雅邦に師事する。岡倉天心、雅邦、横山大観らの創立した日本美術院(1898年)には当初より参加。1900年頃からは私塾「長流画塾」を主宰、1907年には第1回文部省美術展覧会(文展)審査員に任命され、また1915年からは東京美術学校日本画科教授となり、日本画壇の中心的存在の一人となる。1931年にフランス政府からレジオンドヌール勲章、1933年にはドイツ政府から赤十字第一等名誉章を贈られ、1940年には文化勲章を受章。
寸法 本紙 紙本 42.5cm×30.5cm
総丈 46cm×124cm
付属品 共箱
備考 玉堂美術館展示出品・玉堂美術館鑑定(鑑定番号付) 獲れたてのやまめを生き生きと描いております。 玉堂最晩年の作品です。表具は一文字(牡丹唐草金襴)中回し(銀襴(水を表しております)牙軸の良い表具ですが僅かに糊シミがございます。

すべての商品はこちら

ページトップへ