福禄壽画賛 (画) 松花堂 (賛) 岩倉具選 森村稲門(宜永)写

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 88,000 税込

商品番号: s-1205

数量
作者 森村稲門(宜永)
明治39年ー昭和63年 大和絵第一人者
寸法 本紙:横40.8 縦101.3
総丈:横43.2 縦187
付属品
店主より一言 森村稲門(宜永)が昭和9年に画(墨)賛(金字)とも描いた軸です。

岩倉具選(いわくら ともかず、 宝暦7年-文政7年)
江戸時代中期・後期の日本の公卿。岩倉家七世の祖。篆刻を善くした。公卿としては主に後桜町上皇に仕え、その院別当などを務めた。
松花堂昭乗(しょうかどう しょうじょう、天正10年- 寛永16年)
江戸時代初期の真言宗の僧侶 書道、絵画、茶道に堪能で、特に能書家として高名「寛永の三筆」